ノーローンでは他社ではそれほど行なわれていない利用によりポイントが付与されるというサービスが行なわれていますが、今回はそのポイントについて御紹介していくことにしましょう。
このサービスは利用した方が良いのか?と思われている方の参考になればと思っています。
まず、皆さんが最初に思ったのは、消費者金融でポイントが付与される?という疑問だと思います。
でもこれは事実であって、他の消費者金融ではほとんど行なわれていないサービスです。
それだけでも、利用する価値はありそうですが、これにプラスしてノーローンのポイントの還元率は良いものとなっています。
ここで、還元率について軽く説明すると、還元率というものは貰ったポイント数を実際に使ったお金で割ることによって求めることが出来ます。
つまり、投資したお金に対してどれだけの額がこちら側に還元されるかといった割合を示したものであります。
クレジットカードを利用したことがある方なら、すぐにピンとくるのではないでしょうか?
ここで1つ例を挙げてもう少し分かりやすく説明すると、仮に100円御利用ごとに1ポイントが貯まるクレジットカードがあったとして、それが1000ポイントになると1000円分の金券と交換可能になるものだとしたら、このカードの還元率は1%と求まります。
この場合、金券の額は関係ありません。
では、ここからは実際にノーローンのポイントの還元率について見ていくことにします。
今回は、楽天スーパーポイントで貯める場合を考えていくことにし、金利分の支払いに対してどれぐらい戻ってくるか?ということと、借り入れしたお金に対してどれぐらい戻ってくるか?という2点から還元率を求めていきたいと思います。
それにはまず、借り入れの条件を設定する必要がありますので、条件として借り入れ額を100万円、返済の回数は47回、金利を18%として、最初に金利分の支払いに対しての計算を行なうと、支払った金利分の合計は388,171円となり、対して実際に戻ってきた楽天スーパーポイントは4,200ポイントとなりました。よって金利分の支払いに対しての還元率は1.1%と求めることが出来ます。
また、同じく借り入れ金額についても計算すると、これは4,200を1,000,000で割ることで求められますので、結果0.42%と求めることが出来ます。
しかし、これだけ聞いただけでは、良いのか悪いのか判断が付かないと思います。
ちなみに、クレジットカードの還元率はおよそ0.5%と言われており、1%以上の還元率であれば高いものとされていますので、今回の金利分の支払いに対する還元率は、それなりに高いということがお分かりになるでしょう。
それに加え、ノーローンでは楽天スーパーポイント以外のポイントも付与出来るとされていますから、それも考慮すると還元率はさらに高いものと見ることが出来ます。
冒頭でもお話しましたが、借り入れをしてポイントが付くというのは物凄く珍しいことでありますので、ノーローンの利用者にとっては非常に有難いものであると言えるでしょう。
さらにノーローンでは金利がかからないといったサービスを何回も使えたり、今回のようにポイントで戻ってくるサービスが行なわれていることに加え、レイクと共に新生銀行の傘下となっていることもあり、利用に際してそれほど心配は要らないといった良い点があります。
したがって、ノーローンはあまり知れ渡っていないながらも、隠れた良い会社であると言えるのかもしれません。
最後にまとめとしまして、今回はノーローンを利用した際に付与されるポイント、特に還元率に的を絞ってお話してきました。
そして、ノーローンを利用した時のポイントの還元率は、金利分に対しては1.1%、借り入れ金額に対しては0.42%ということで、クレジットカードの還元率と比較すると、それほど少ない数字ではないことが分かりました。
また、還元率が高いか低いかは別として、ノーローンにはポイント還元があるいう他の消費者金融にはない特長を持っているだけでも大変珍しいことであり、価値あるものです。
一般的には、ノーローンは7日間は金利が無料で利用出来るサービスが用意されていることから、あまり長い期間の借り入れを行なわない方に推奨できる消費者金融であるとされていますが、このようなポイントのことも考えると、長い期間の借り入れを考えている方にも勧められる会社とも言えるでしょう。
メインの話としては一応これで終わりとなりますが、ここからは私がノーローンに対して感じていることを御紹介していきます。参考程度としてお聞きください。
今回取り上げた消費者金融のノーローンは大手消費者金融と比較することによって不安な点が出てくるわけで、そのことが出てくる時点で多少遅れを取っていると言えるのかもしれません。
その不安な点として出てきたのは全部で3つあり、実際に挙げると、1点目は皆に知れ渡っている消費者金融でないということで、これはあまり宣伝が行なわれていないことを意味しており、宣伝が出来ないということは、それだけ経営に余裕がないとも取れ、今後大丈夫なのか?という不安はどうしても出てきてしまいます。
2点目は利息がかからずに利用出来るのが短期間であることから、消費者金融を利用したことがない初心者にとっては、あまり安心出来る会社とは思えないことです。実際大手消費者金融では1カ月の間利息がかからずに利用が出来ますが、ノーローンでは1週間となっています。借りたお金を全部返すことによって再び利用出来るものではありますが、あまりに短いと言えることには変わりありません。
3点目は、人によっては中々貸してくれないことです。これは私のみかもしれませんが、私はノーローンの審査で落ちた経験があり、その原因となったのが他の会社からの借り入れであります。
このように審査で不合格となり、次にプロミスに申し込んだら審査を通過することが出来たのです。
さらには、アコムでの借り入れ上限金額を増額出来たことも考慮すると、前述の1点目と同様、余裕がないとも考えられます。
こういったことから、大手の消費者金融、特にアコムやプロミスなら何の抵抗もなく利用することを推せるような気はします。