本記事では、クレジットカードを利用した際の特典とも言える還元率についてのお話をしていきたいと思います。
この還元率はクレジットカードを選択する上での決め手ともなるものでありますから、しっかり覚えておきましょう。
中には、そんなことは気にする必要はないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この還元率というものをよく知っておかないとあなた自身が損することにもなりかねないので、絶対に知っておいた方が得だと言うことが出来るでしょう。
そして、今回はクレジットカードを利用したことがない方にも分かりやすいように御紹介していきたいと思います。
では早速、クレジットカードの還元率についてお話していきたいと思います。
そもそも、クレジットカードの還元率とは、あなたが買い物をした際の代金をクレジットカードで支払った場合に、その支払ったお金の何%分が戻ってくるかということを指しています。
仮にあなたが100万円分をクレジットカードで支払ったとします。この場合還元率が1%のクレジットカードを使用したとすると、1万円が戻ってくることになります。
これは利用者にとっても非常に有益なことであるのは間違いないのですが、注意点としては、現金では戻ってこないということです。
では、どのようにして戻ってくるのかというと、1番多いのは、ポイントで戻ってくるケースです。
例えば楽天カードを利用した場合は、このカードで100円支払うごとに1ポイントが貯まるシステムとなっています。このポイントは1ポイントで1円分の価値があり、現金として楽天市場で使用することが出来ます。
もうお分かりかと思われますが、この楽天カードの還元率は1%であるということが出来ます。
実はこれはかなり高い数字であって、他のクレジットカードですと大体0.5%とされています。
さらに楽天カードを利用の際の審査もそれほど厳しくありませんので、推奨できる1枚と言えるでしょう。
ですが、インターネット上ではあまりショッピングはしないという方やショッピングはしてもヤフー等他を利用することが多いといった方もいらっしゃるでしょう。
このような方ですと、たとえポイントで戻ってきたとしても、宝の持ち腐れとなってしまいますから、そういった方は持つ意味がないので、あまりお勧めは出来ません。
このようなことから、クレジットカードを選択する際には、どれだけ還元されるか?といったことも大事ですが、利用者自身のライフスタイルにも合っているといったことも重要になってきます。
例えば、本をよく読まれる方であれば、商品券、もしくは図書券といったものの方が嬉しいかと思いますので、そのようなものを還元してくれる会社を選択されるのが良いでしょう。
ちなみにライフカードであれば直接図書券に交換というわけにはいきませんが、貯めたポイントで交換が出来ますから、そういった観点から探してみるのも良いかもしれません。
また、航空マイルと交換できるところが増えているのもここ最近のクレジットカードの特徴であります。飛行機をよく利用される方であれば嬉しい特典ではないでしょうか?
このように会社によって特典が異なりますので、自分のライフスタイルに合うものを探すということも意外と面白いかもしれません。
では、最後にこれまでのことをまとめていくと、世間でよく言われているクレジットカードの還元率は、利用者がそのカードを利用して支払った金額が後から戻ってくる割合を示したものであり、その割合は大体0.5%とされていますが、楽天カードであれば1%とかなり高い数字であるので、お勧め出来るものであります。
また、本当は現金で戻ってくるのが利用者も1番嬉しいのですが、現金ではなく、その会社のポイント、もしくは商品券として戻ってくるものなので、注意が必要です。
さらにたとえその会社のポイントが貰えたとしても、そこを殆ど利用しないのであれば、全くの無駄となってしまうので、クレジットカードを選択する際は還元率のみに注目するのではなく、自らのライフスタイルも考慮した上で、それらに最も合うようなクレジットカードを選択することが大切になってきます。
以上となりますが、今回のお話は少しは為になったでしょうか?
クレジットカードにおける還元率というものは、大事なものでありますから、皆様が本記事で勉強されて少しでも有益となるような使い方が出来るようになれば、私としても言うことありません。