カードローンやおまとめローンなどで銀行などの金融機関からお金を借りる際はほとんどの場合、勤務先に在籍確認の連絡が入ります。
派遣社員なので派遣会社に連絡されても困るという方や、
会社にお金を借りたことを知られたくない場合は、この在籍確認を回避したいことと思います。

在籍確認なしでお金を借りるためにはいくつかの注意点があります。
在籍確認なしでお金を借りるときに気をつけるべきポイントについて紹介します。

≪在籍確認はどのようにして行われる?≫

まず、在籍確認の基本的な考え方について説明します。
在籍確認は困るという人の多くは、在籍確認を誤解している場合があります。
まずは在籍確認がどのようにして行われるかを頭に入れておきましょう。

お金を借りる方への配慮のため、また在籍確認では金融機関の名前を名乗ってはいけないというルールがあるため、
在籍確認の電話の際に金融機関名を名乗ることはありません。
このため、基本的に在籍確認は個人名で行われます。

「◯◯と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」

このような感じで電話がかかってきます。
本人がその場にいなくても在籍していることが確認できれば良いため、
「席を外しています」という返事だけでも在籍確認になります。

このように、金融機関を名乗ることはないので在籍確認はそれほど心配する必要はありません。
単純に在籍確認されることが不安なだけの場合は、あまり深く考えずに申込みを行っても良いでしょう。

≪在籍確認なしの金融機関を選ぶ≫

在籍確認なしでお金を借りたい場合には、在籍確認なしの金融機関を選ぶという選択肢もあります。
全ての金融機関で在籍確認を行うわけではないので、「在籍確認なし、もしくは条件付き在籍確認なし」の金融機関を選びましょう。

≪銀行でお金を借りるときは基本的に在籍確認あり≫

金融機関の中でも大手銀行でお金を借りる場合は、ほぼ間違いなく在籍確認があります。
大手銀行からお金を借りる場合だけは、どうしても在籍確認が必要になります。
在籍確認なしで銀行からお金を借りたい方は、大手銀行以外の銀行を利用するようにしましょう。

ネットバンキングでは、在籍確認がない場合も多いです。
しかし、100%在籍確認がないというわけではないので注意が必要です。