1

プロミス 
プロミス 当日14時までにWEB契約すれば即日融資可能!
24時間対応だから、思い立ったらキャッシング可能
お借り入れ3秒診断は非常に便利!
メールアドレス登録とWeb明細利用は必須!30日間無利息!
即日でキャッシングしたいと考えている方にイチオシなのがプロミス!プロミスでは、メールアドレス登録とWeb明細利用を登録することで30日間無利息になりますから、利息を気にせず利用できるという絶大なメリットがあります。

プロミス 

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~17.8%
1万円~500万円
最短30分

2

レイク
レイク年収3分の1以上、総量規制対象外の借り入れしたい方ならココです!
初めてのご利用の方30日間全額無利息!
安心の新生銀行のカードローン
即日でカード発行可能

レイク

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
1万円~500万円
最短30分

3

アイフル
アイフルアイフルなら1000円からご融資が可能!
最短で即日融資もできます。24時間ネットで申込可能!
来店不要!
最短30分で審査完了です!

アイフル

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
1~500万円
最短30分

アコム
アコム平日の14時までなら、即日振込可能が可能なアコム!
24時間ネットで申込可能!CMでも話題!
もちろん面倒な来店は不要!
必要書類はネット上で提出できます!

アコム

実質年率
融資限度額
審査結果
3.0~18.0%
1~500万円
最短30分

モビット
モビット三井住友銀行グループのパーソナルローン
10秒で簡易審査結果表示
24時間インターネットサービス受付
当日融資可能

モビット

実質年率
融資限度額
審査結果
3.0~18.0%
1~500万円
最短30分

◆銀行でお金を借りることと消費者金融でお金を借りることの違い

【銀行で借りるメリット】
・消費者金融よりも金利が低めに設定されている点
・総量規制がない点

【銀行で借りるデメリット】
・消費者金融と比べ、即日融資に対応している銀行は少ない点

一般的に、消費者金融は銀行より金利が高めに設定されていますが、
即日融資で対応しているサービスも多いため、すぐにお金を借りたい方には大変便利と言えます。

◆カードローンでお金を借りる際のポイント

すぐにお金を借りるためには、借入目的が自由でキャッシングがスムーズなカードローンが良いです。
初めてお金を借りる方でも安心な銀行カードローンや大手銀行系カードローンについて紹介します。

ポイント①カードローンでお金を借りる流れ

カードローンでお金借りるための基本的な流れについて説明します。
大手銀行や大手消費者金融は、PC・スマートフォンなどでのインターネット申込みに対応しています。
そのため曜日・時間・場所を選ばずにいつでも申込みすることができます。

≪カードローン申し込みの流れ≫

①インターネットなどで24時間審査カードローン申込み
②審査および審査回答
③契約
④借り入れ

カードローンの最大の特徴は、申込みからお金を借りるまでの手軽さです。
カードローンであれば申し込み当日にお金を借りることもできる上、
提携コンビニATMから24時間いつでもお金を引き出すことが可能です。
インターネットで24時間申込み可能なので、手間もかかりません。

ポイント②すぐにお金を借りたい方へ

すぐにお金を借りたいときは、銀行系の大手消費者金融であれば審査回答最短30分や
最短1時間融資などの即日融資が可能です。

≪銀行系大手消費者金融が良い理由≫
※会社によって対応していないサービスもあります

・即日融資に対応しているためすぐにお金を借りられる
・大手銀行系カードローンなので安心感がある
・消費者金融の中でも低金利で借りられる
・銀行カードローンよりも審査に余裕がある
・インターネットで24時間365日申込み可能
・来店不要で誰にも会わずにお金借りられる
・無利息期間がある

≪審査回答最短30分や最短1時間融資も可能なカードローン≫

・SMBCコンシューマー ファイナンス「プロミス」
・三菱UFJフィナンシャル・グループ「アコム」
・三井住友銀行グループ「モビット」
・東証1部上場企業である「アイフル」

いずれもテレビCMやインターネットで知られている大手企業ばかりで、安心して利用することができます。
大手消費者金融なら、初めてお金借りる場合でも当日借入も可能ですが、申込み締切時間に注意が必要です。

カードローン申込当日にお金を借りる方法としては、
・指定口座への振込キャッシングによる方法
・自動契約機などで発行したカードを使ってATMや提携コンビニATMなどで現金を引き出す方法
などがありますが、いずれも当日借入をするには申込み締切時間があるので注意です。

≪カードローンの利用開始について≫

カードローンは、申込→審査および審査回答→契約、を経て利用可能となります。
会社によって審査回答時間は異なりますが、
審査回答を受けた後に契約手続きをしてはじめて利用可能になる点は共通しています。
初めてキャッシングをする場合には、時間に余裕をもって申込みすると良いでしょう。

※プロミスやアコムなどの大手消費者金融は、審査回答最短30分などのように即日対応となりますが、
いずれの会社も必ずしも「30分で絶対に回答がくる」というわけではありません。

ポイント③土日祝日にお金を借りるためには

銀行でお金を借りたいと考えても「土日祝日は営業時間外なので、キャッシングできないのでは?」と思われる方もいるでしょう。
銀行カードローンなら、土曜日・日曜日・祝日に借り入れしたい場合でも、申し込み→借り入れが可能です。
また、土曜・日曜・祝日にお金を借りたいなら、迅速対応の大手消費者金融を利用するとスムーズです。

≪土日祝日にお金を借りる流れ≫

①PC・スマホなどのインターネットで24時間審査カードローン申し込み
②審査および審査回答
③自動契約機でカード受取
④提携コンビニATMでキャッシング

ポイントは、24時間365日申込見可能なインターネット申込みをして審査結果を受けた後で、
自動契約機でお金を引き出すためのカードを受け取ることです。
自動契約機で申込みをすることも可能ですが、審査回答が出るまで待っていなければならないこともあります。
待ち時間が長くなると人目に触れる時間も増えてしまうので、家族や知人・職場の同僚などに見られる可能性が高まります。
金曜日や祝日前日などにあらかじめネットから申込みを行い、メールや電話にて審査結果を受けて自動契約機でカード発行だけ行えば、
そのようなリスクは減らすことができます。

≪土日祝日借入のポイント≫

・土日祝日も即日融資可能な大手銀行系消費者金融を利用するのが良い
・ネット申込み→自動契約機でカード受取をする
・振込キャッシングは使えないので、提携コンビニATMでお金の引出しを行う

ポイント④会社・家族に知られずにお金を借りるには

「お金を借りたいがカードローンを利用していることを会社の同僚や家族に知られたくない」
そんなときには、以下のポイントを押さえておくと安心です。

≪キャッシングがバレる要素と解決方法≫

①カードローン申込み

カードローン申込みをしている様子を見られる可能性のある窓口や、
申込み内容を聞かれてしまう可能性のある電話ではなく、
人に知られず24時間365日いつでもどこでも申込みができるインターネット申込みを行う。

②審査結果の連絡

審査結果の連絡方法をメールにすることで、誰にも知られずに結果を受けられます。
電話連絡を希望する場合もご自身の携帯電話を連絡先として指定すれば、人に知られずに審査結果の確認ができます。

③会社への在籍確認

カードローンの審査において、安定した収入を得ているかの確認のため、
申込み段階で申請した会社に本当に勤めているかの在籍確認が行われます。
その際に「消費者金融会社の○○ですが、□□さんいますか」と、会社に電話がかかってきたら…との心配は無用です。
各社、在籍確認では「〇〇(個人名)ですが、□□さんいますか」というように、個人名で電話がかかってきます。
そのため会社で電話を受けた方にも知られる心配はありません。

④郵便物

カードローン会社から各種書類が送られてくる際に、家族に知られたくないという方もご安心ください。
消費者金融などでは、社名ではなく一目で会社名がわからないような差出人名なので安心です。
契約手続きを自動契約機にしたり、書面の受取方法をWeb明細で確認する方法を指定することで、
自宅や勤務先への郵便物の郵送を回避することもできます。

【差出人名の例】
プロミス:事務センター
アコム:AC サービスセンター
モビット:MCセンター
アイフル:AIセンター

≪人に知られずにお金を借りるポイントまとめ≫

誰にも知られずにお金を借りるためには、店頭でのお申込みではなく来店不要のWeb契約で申込みするのがポイントです。
サービスによっては申込み時に郵送物を自宅に送らないように設定できるものも多数あり便利です。

ポイント⑤職場への在籍確認について

カードローンを利用する際気になるのが、職場への在籍確認です。
キャッシングはすでに一般的なサービスとなっていますが、
やはり、会社の同僚や家族・知人などには知られたくないという気持ちがあるものです。

≪在籍確認の目的≫

カードローン申込みの条件として、年齢制限の他に「安定した収入を得ていること」というものがあります。
そのため、ほとんどの会社で「申込み時に申請した会社に、本当に勤めているのか」という在籍確認は必須です。
在籍確認を行わないキャッシング会社もありますが、借入限度額が少額であったり、
電話ではなく別の方法での在籍確認が行われたりと、なんらかの制限や方法がとられるのが普通です。

≪在籍確認でキャッシングが知られることはないのか≫

職場への在籍確認では、消費者金融の場合は会社名ではなく個人名で電話がかかってきます。
そのため、カードローンの利用を疑われる心配はありません。
ただし銀行の場合はそのまま銀行名で電話がかかってきますので、銀行名で電話をかけられたくないという場合は、
事前に「個人名で電話をかけてほしい」などと要望を伝える必要があります。

ポイント⑥審査に通らない理由とは

金融会社にカードローンの申込みをしても、必ずしも審査に通るわけではありません。
審査に落ちる原因は様々ですが、

・自身の収入と合っていない金額の借り入れを申し込んだ場合
 =まずは少額で希望してみる
・借入件数が多い
 =おまとめローンで借入件数をまとめてみる

など、中には対策を練れるものもあります。
また金融機関によっても審査基準が異なります。
審査に通りやすいキャッシング会社もあるため、ご自身にあった会社を選ぶことも大切です。

≪審査に通らない理由とは≫

・過去に返済遅延などがり、信用情報機関に登録されている
・審査基準を満たしていない
・借り入れ件数が多い
・短期間で複数の金融機関に申し込みをしている
・消費者金融の場合、総量規制に引っかかっている

≪審査を通しやすくするためのポイント≫

・収入にあった無理のない金額で借入申告する
・同時申込みは2件程度にし、短期間に複数の金融機関に申し込みは行わない
・正しい情報で申告する

キャッシング審査は信用情報機関のデータと照らし合わせて行われるため、
誤った情報はすぐに洗い出されてしまうこともあり、正しい申請が必要です。

ポイント⑦申込条件と必要書類とは

キャッシングを行う際の申込み条件は会社によって異なりますが、
条件を満たしていれば、アルバイト・パート・契約社員の方などでも気軽に申込めます。
借入限度額は収入とのバランスを見て決定されますが、「少額でも長く安定的に稼ぎ続けている」ことが大切となります。

≪カードローン申し込み条件とは≫

・年齢制限(上限は会社によって異なります)
・安定した定期収入のある方
・審査基準を満たす方
・指定の保証会社の保証を受けられる方

その他にも「日本国内に住居を構えている方」など、会社によって条件が追加される場合もあります。
年齢や収入に関しては明確な基準となるためご自身で判断が可能ですが、
「審査基準を満たす方」という条件については判断が難しいです。

万が一、審査に落ちた場合でもカードローン会社からは理由は明かされませんが、
この「審査基準を満たす方」や「指定の保証会社の保証を受けられる方」がポイントとなるのは間違いないでしょう。

≪カードローン必要書類とは≫

・本人確認書類

運転免許証・パスポート・個人番号カードなどの顔写真が付いている公的証明書。
顔写真付きの証明書がない場合には、健康保険証とあわせて住民票、公共料金の領収書(携帯電話は不可)、納税証明書など。

・収入証明書

源泉徴収票の写し・確定申告書の写し・給与明細書の写し・税額通知書の写しなどの現在の収入を証明する書類のコピー。
おまとめローンや大口借入など借入希望額が大きくなると、収入証明書の提出を求められることがあります。
50万円以上~100万円以上~200万円以上~で提出など、会社によって異なります。
消費者金融の場合は希望額が50万円を超える際や、
希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える際にも、収入証明書が必要となります。

◆カードローンで初めて借りる方に~契約までの流れ~

初めてカードローンをする際は、「きちんと返済できるのか・そもそも審査に通るのか」という不安と向き合うことになります。
しかし、しっかりとした準備を行っておけばお金を借りることはそれほど難しいことではありません。

カードローンを初めて借りる方の不安を少しでも解消するために、カードローン契約までの流れを説明します。

①金融機関選びが大切

カードローンでお金を借りる際に最も大切なことは「どこで借りるか」ということです。

ほとんどの方が深く考えることなく、普段使っているクレジットカードや銀行などのカードローン審査を受けています。
それで審査に受かれば良いのですが、カードローンを借りる際はまずしっかりと金融機関選びを行うことが重要です。
金融機関を選ぶときのポイントは以下の通りです。

・金利が低いこと
・審査に通りやすいこと

しかし、金利が低い金融機関ほど審査は厳しくなる傾向にあるので難しいです。
金利と審査の難しさを天秤にかけ、良いバランスになる金融機関を選ぶことが重要です。

一般的には銀行の金利が低く、消費者金融の金利が高い傾向があります。
カードローンの金利は幅がありますが、借入限度額によって変わります。
初めて借りる場合のほとんどは、最高金利での貸付になりますので注意が必要です。

②カードローンの申込みを行う

カードローンの申込方法は大きく分けて5つあります。

・インターネットからの申込み
・ATM(自動契約機)での申込み
・電話での申込み
・窓口での申込み
・郵送での申込み

家にインターネット環境がある、もしくはスマートフォンを使っている場合はインターネットからの申込みがおすすめです。
自分のタイミングで申込み可能でゆっくり考えながら申込みすることができ、申込書への入力ミスなども少なくなります。

申込書への記載ミスが特に不安な方は、窓口での申込みがおすすめです。
ただし、インターネットからの申し込みなどと比較すると、
審査結果が出るまで時間がかかるので時間に余裕がある人向けの申込方法と言えます。

審査が早いのはATM(自動契約機)での申込み方法です。
申込後すぐに審査結果がわかるカードローンもありますので、急ぎの場合はATMでの申込みが良いです。

電話や郵送での申し込みは、他の申込方法が使えない場合に利用する申込方法です。
インターネット環境がある人にとっては電話や郵送での申し込みにほとんどメリットはないでしょう。

③銀行などの金融機関の審査を受ける

申込みをした後は審査結果が出るのを待つだけです。
借入する金額が少ない場合には、即日で審査結果が出ることもあります。
借入金額が大きい場合は審査をしっかり行う必要があるため、カードローンの審査結果が出るまでに数日かかることもあります。

カードローンの申込みを行うと、職場に在籍確認の電話が入ることもあります。
出張や営業などで不在にすることが多い場合は、職場で電話を受けることが多い人にそれとなく伝えておくようにしましょう。

また、本人確認もしくは申込内容の問い合わせなどがくる場合がありますので、
審査結果が出るまでは携帯電話の電池切れなどがないように注意です。

④返済と利息

審査に通過すると、すぐにお金を借りられるわけではありません。
お金を借りるための契約を結ぶ必要があります。
次のステップは契約をしてカードを受け取ることになります。

カードローンのカード受け取りと契約のための方法は以下の通りです。

・店頭での契約と受け取り
・郵送での契約と受け取り
・ATM(自動契約機)での契約と受け取り

1.店頭での契約と受け取り

銀行のように店舗がある金融機関では、窓口で契約書を作成して提出が可能です。
契約書の記載事項にミスがなければ、その場でカードローンのためのカードが発行されます。
記載ミスがあってもその場で訂正できるので、営業時間内であればすぐにカードを手にすることができます。

2.郵送での契約と受け取り

カードローン用のカードと契約のための書類が同時に届きます。
審査に通ってもカードが送られてくるまでカードローンを使用することができないので、
窓口での契約やATMでの契約に比べて時間がかかるというデメリットがあります。

また家族に知られずにカードローンを利用したい場合は、
郵送での契約と受け取り以外の方法でカードを受け取れる金融機関を利用すると良いです。

3.ATM(自動契約機)での契約と受け取り

窓口での契約と同じようにすぐにカードを発行可能なのが、ATM(自動契約機)での契約です。
必要な書類をスキャンして必要事項の入力を行えば、カードローンのカードがその場で発行されお金を借りることができます。

お金借りる 銀行ならココ!最新情報ナビはコチラ!!
ATMでもキャッシングでお金の借り入れができます。

ちょっとコンビニによるついでに融資の申し込み、融資の受け取りができるのですから非常に便利です。

近年のキャッシングは非常に利用しやすいため、お金を借りているのだという気分がついつい薄くなってしまいがちです。しかし、うまく使えば給料日前に訪れる危機も楽に受け流すことが可能になるでしょう。数あるキャッシングの業者には、即日で貸付をしてくれる業者が存在しています。即日に借入をしてくれると、お金を明日、すぐに用意しなければならない時にも便利ですね。ですが、申込みをする時間帯やその方法によっては、即日に融資をしてもらえない時もあります。

あわせて、審査を通らなければ、融資をしてくれませんから、注意しましょう。審査を簡単に通ることのできる業者も存在しますが、審査に通りやすいということは、金利が高めであったり、お金を返す方法が限定されていたりと、不利なことがあるでしょう。

それが分かっていても、手持ちを必要としていて審査が簡単には通らない業者からはお金を貸してもらえないのであれば、審査が緩いところに借りるしかないでしょう。
一括返済のタイプのキャッシングで少額のものなら、金融業者の中には、無利息期間を設けているところもあるので、そうした業者を利用するのがより良いでしょう。一括返済を無利息期間中に済ませれば一切利息はかかりませんからかなり利用しやすくなります。

返済が、一括でされない場合でも、無利息期間を設定している金融業者の方が借りる側にとってはお得になることが多いので、よく比べてみましょう。

キャッシングといったら消費者金融やクレジットカード会社、銀行等から借入をしてもらうことです。

無担保ですし、多様な返済方法が用意されており利便性が高いので、利用する人は増えてきています。理由は何であろうと貸してくれますので、急遽の支払いで手持ちが足りない時には助かりますね。
キャッシングを利用した後3ヶ月支払いが滞ると、裁判手続きをすることとなります。という文章の書面が送られてくるのです。

滞納をしたとしても、電話連絡が届くだけなので、ついつい知らん振りをして支払いが先延ばしになってしまいます。

しかし、裁判という言葉が書面に踊っていると、怖くて無視を決め込むことなどできはしません。このごろ目にする機会が増えてきた、スマホひとつで事足りる、キャッシング会社もでてきました。

最初はスマホで、送るのは証明書類(運転免許証など)の写真だけで、そのまま審査でそれが終われば、自分の口座に振り込まれるのをチェックすればいいのです。自社対応アプリを持っている会社なら、手間いらずの申し入れで、簡単に終わるでしょう。

キャッシングをして返したいと思ったときのキャッシング業者によって色々な方法がありますが、ATM返済、銀行への振り込みでの返済、あるいは口座引き落としなどそういった方法がありがちです。

その中で、口座引き落としの場合、返済期限を逃すことなく確実に返せますが、返済金額分が口座に入っていなければ、あたりまえですが延滞になります。キャッシングからの借金を月ごとに返済しています。

ですが先月は、指定口座にお金を入れておくのを色々あって、忘れてしまっていました。借りているキャッシング会社の担当者から電話があり、返済についての確認がありました。

返すお金がなかったから、というわけではないことをお伝えしました。当然、自分が悪いからですが、遅延損害金を払うことになってしまいました。お金を借りたいと思った時、多くの人が誰に借りればよいのか迷ってしまいます。基本は、親族などの身寄りのある人または信頼してもらっている友人などから借りることをおすすめします。

しかし、頼めるような人が見つからないなどの理由があって、お給料が一定以上ある場合には銀行などに貸付を申し込んだり、カードローンの利用などで借金をする方法も考えられます。
キャッシングで他の会社から借りた金がたくさんある人は気をつける必要があります。

既に3社以上の異なる会社から借入がある場合は、キャッシングを申し込みたいと思っても審査に引っかかる可能性が高くなる場合があるんです。最近行われている審査では、申し入れした人の信用情報の確認作業をしっかりと厳しく、正しく行う傾向が主流になってきているのです。各金融機関によって借りられる限度額に違いがあり、小口や即日の借入のみではなく、300万円や500万円といったまとまった融資を受けられます。申し込みから借入までの期間が早く、さくっとにお金を手にすることができるためめちゃくちゃ便利です。
カードを利用して借り入れするというのが一般的です。今日は積雪が多くて大変でした。朝早くからずっと雪かきをしていましたよ。

休日だったけれど、ぐったりと疲れてしまい外出する気にもなれませんでしたし、天候も悪かったけれどキャッシングが返済予定の日だったので自宅でゴロゴロしているわけにもいきません。

結局はせっせと返済をするため外出です。さて今月分も返済が出来たことだし、また次の給料日まで頑張ります。プロミスで行っているキャッシングは、インターネット、電話、店頭窓口、ATMなどから申し入れ頂けます。
三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を所持していれば、受付終了からおおよそ10秒ほどで支払われるサービスをご利用いただけます。
女性専用ダイヤルや30日間無利息サービスを設定しているのもプロミスのキャッシングのセールスポイントです。
モビットでのキャッシングはネットから24時間いつでも申し込みができ、約10秒ほどで審査結果が表示されます。
三井住友銀行傘下の企業という安心感も人気の理由となっています。

10万台の提携ATMが全国にあるため、コンビニからでもお手軽にキャッシングができるでしょう。「WEB完結」で申し込みをした場合には、郵送手続きをしなくてもキャッシングできます。

お金借りる 銀行
お金借りる 銀行
お金借りる 銀行
お金借りる 銀行
お金借りる 銀行
お金借りる 銀行
<